美白化粧品の選び方
あなたにぴったりの美白アイテムを見つけよう
厚労省が認可した美白成分を解説 PR

5つの美白ビタミンC誘導体の効果を解説!おすすめの化粧水や美容液は?【美白有効成分】

記事内に商品プロモーションを含む場合があります
ビタミンC豊富なレモンの輪切り

「ビタミンC誘導体ってどんな効果があるの?」

ビタミンC誘導体の名前自体は知ってるけど、どんな効果があるかと聞かれると悩んじゃいますよね。今回はそんなビタミンC誘導体についての解説です。

この記事では

こんな疑問にお答えします。

ビタミンC誘導体がわかると化粧品選びが楽しくなりますよ♪

いきなり結論です。

まず最初に結論を申し上げます。

  • ビタミンC誘導体は「ビタミンCを安定化して、吸収しやすくしたもの」
  • 厚労省に認可されているのは5種類!効果は「メラニンの還元作用」
  • おすすめは【ビタミンCエチル】と【VC-IP

5種類のビタミンC誘導体の解説は後ほど!
特におすすめはビタミンCエチルVC-IPです。

ビタミンC誘導体の一覧表

厚生労働省に美白有効成分として認可されている【ビタミンC誘導体】の一覧表となります。
※当サイト調べ基準  評価はS・A・B・C・Dの5段階

有効成分名リン酸L-アスコルビルマグネシウム
別名リン酸アスコルビルMg・APM など
シミ予防効果B   (中程度)
肌への刺激B   (中程度)
おすすめ度C
開発メーカー武田薬品工業
有効成分名リン酸L-アスコルビルナトリウム
別名リン酸アスコルビルNa・APS など
シミ予防効果B   (中程度)
肌への刺激B   (中程度)
おすすめ度C
開発メーカーカネボウ
有効成分名L-アスコルビン酸2-グルコシド
別名アスコルビルグルコシド・AA2G など
シミ予防効果C   (マイルド)
肌への刺激C   (低刺激)
おすすめ度C
開発メーカー資生堂
有効成分名3-O-エチルアスコルビン酸
別名ビタミンCエチル など
シミ予防効果A   (高め)
肌への刺激A   (やや強め)
おすすめ度A
開発メーカー日本ハイボックス
有効成分名テトラヘキシルデカン酸アスコルビル
別名VC-IP など
シミ予防効果B   (中程度)
肌への刺激C   (低刺激)
おすすめ度A
開発メーカー日本ケミカルズ

ビタミンC誘導体ってなんですか?

ビタミンCという名前は聞いたことありますよね。食べ物やサプリメントで摂取することで、美容や健康に効果を発揮する栄養素のひとつです。

ビタミンCはお肌に塗っても美肌効果を発揮する優れもの。【シミの予防】などの美白効果や【毛穴を目立たせなくする】など様々な効果が期待できます。しかしビタミンCには大きな弱点があります

それは【ビタミンC】自体がとても不安定で失活しやすく、吸収率も悪いという点。ただ塗るだけでは効果が期待できないません。そんなビタミンCを加工し、安定化や吸収率をアップさせたのがビタミンC誘導体です。

ミラオ先生
ミラオ先生

ビタミンCに別の物質をくっつけて、安定性を高めたものが「ビタミンC誘導体」と呼ばれています

ピュアビタミンCと誘導体

【ビタミンC】と【ビタミンC誘導体】は同じものではありませんが、名前が似ているためよく間違われます。そのため加工してないそのままのビタミンCを【ピュアビタミンC】と表記することもあります。

※以降本記事は美白成分としてのビタミンCを【ピュアビタミンC】と表記。

ビタミンCの解説記事はこちら↓
➔ビタミンC美白化粧品、5つの効果と注意点を解説!【シミ・ニキビ・毛穴・シワ・テカリ】

美白効果が認められています!

ピュアビタミンCの主な美白効果は【メラニン還元作用】

もとは色のないメラニンが酸化をすることで黒くなりシミが作られます。
逆に言うと、メラニンが黒くならなければシミはできません。
ピュアビタミンCはメラニンが黒くならないようブロックできるので、シミになるのを防ぐことができます。
このシミを防ぐ働きが【メラニン還元作用】

どのビタミンC誘導体もピュアビタミンCを元に作られているので、メラニン還元が美白効果として共通しています。

肌のコラーゲンの量を増やしてシワを予防したり、酸化を防いで老化を遅らせるなどの効果も。ビタミンCはまさに「美肌ビタミン」と言えます。

美白有効成分について詳しく知りたい方は解説記事をどうぞ↓
➔【美白化粧品とは?】シミができる4つのプロセスと美白有効成分を解説!

ニキビや毛穴にも

ピュアビタミンCにはシミ以外にも、ニキビや毛穴にも効果があると言われています。
ビタミンC誘導体は、そのピュアビタミンCを元に作られた成分なのでニキビや毛穴への効果が期待できます。

ビタミンC誘導体の中でも効果が高いとされるビタミンCエチル(3-O-エチルアスコルビン酸)配合のアイテムがおすすめ。

ビタミンC誘導体は種類がたくさん

細かく分けるとビタミンC誘導体は10種類以上あり、それぞれ働きや効果に違いがあります。

今回はその中でも【美白有効成分】として厚生労働省が「美白効果がある」と認めた5種類のビタミンC誘導体について解説させていただきます。
ちなみにビタミンCアスコルビン酸は呼び方が違うだけで同じものです。

ビタミンC誘導体の名前も【アスコルビン酸】や【アスコルビル】などの名前がつけられていますがこれらはビタミンCという意味で捉えてもらって問題ありません。

美白有効成分に認定された【ビタミンC誘導体】

ビタミンCたっぷりのオレンジジュース

ではここからは厚生労働省に【美白有効成分】として認められた5種類のビタミンC誘導体を紹介いたします。

●ビタミンC誘導体以外の美白有効成分はこちら↓
➔美白有効成分20種類をまとめて解説!

①APM(リン酸アスコルビルMg)

ビタミンCにリン酸マグネシウムを結合させることで、安定性と浸透性を高めることに成功したのが【APM】

成分表示名として表記される場合、美白化粧品は【リン酸L-アスコルビルマグネシウム】その他の化粧品は【リン酸アスコルビルMg】と表記されます。
名前が長いのでAPMと呼ばれることも。

ピュアビタミンCの美白効果であるメラニン色素還元作用が期待できます。ビタミンCほど強い美白効果は望めませんが、その分肌への刺激等の副作用が軽減されています。

また、高い抗酸化作用によりシワに対する効果も期待できることから、エイジングケア目的で配合されることも。
効果は12時間以上も持続するという説もあります。

美白有効成分として認可されたのは、記録が残っている1988年よりも前の1982年。
古くから現在に至るまで使用され続けているビタミンC誘導体です。

②APS(リン酸アスコルビルNa)

のAPMと名前が似てるのでよく間違われますが別の成分です。

成分表示名として表記される場合、美白化粧品は【リン酸L-アスコルビルナトリウム】、その他の化粧品では【リン酸アスコルビルNa】と表記されます。名前が長いのでAPSと呼ばれることも。こちらはビタミンCにリン酸ナトリウムを加えることで安定化させています。

APMはやや水に溶けにくく、化粧品に配合し難いという弱点がありました。その点APSは水に溶けやすく化粧水にも配合しやすいため幅広い化粧品に使用されています。
こちらものAPMと同じで1988年以前に認可されたためはっきりとした認可年はわかりません。

③アスコルビルグルコシド

水溶性のビタミンC誘導体です。美白化粧品に配合される時は【L-アスコルビン酸2-グルコシド】と表記されます。

ビタミンCにブドウ糖が付与されることで、水溶性と安定性を高めたビタミンC誘導体。安定型ビタミンC誘導体と言われるほど熱や酸化にも強く、効果の持続時間も長いのが特徴です。
その安定性と持続性は、他の水溶性ビタミンC誘導体よりも高いとされています。

ただし、美白効果という点では他のビタミンC誘導体にくらべると弱め。低価格の美白化粧品に配合されていることが多い成分で、皮膚刺激も少なく敏感肌の方でも使用できます。

ちなみに私がこのアスコルビルグルコシド配合の美白化粧品を1か月ほど使用した時は、肌へのトラブルや刺激なく最後まで使い切る事ができました。

●敏感肌におすすめの美白化粧品↓

コーセー米肌美白化粧水
【効果あり】敏感肌用のおすすめ美白化粧水 11選 2024【プチプラあり】「シミが気になるけど敏感肌だし…」 敏感肌で化粧水を選ぶのは大変。美白化粧品ともなるとより難易度は上がります。今回は美白化粧品専門サイトが敏感肌におすすめの美白化粧品を11アイテム厳選しました。敏感肌でシミが気になる方必見です。...
敏感肌におすすめ!美白化粧品30選 アイキャッチ画像
敏感肌におすすめ!美白アイテム30選:化粧水からオールインワンまで徹底紹介刺激が強いと思われがちな美白化粧品ですが、中には敏感肌でも使える低刺激なものも数多く販売されています。この記事ではそんな低刺激な美白化粧品を厳選して紹介。敏感肌で化粧品選びにお悩みの方必見です。...

●アスコルビルグルコシド配合のレビュー記事↓

【メラノCCジェルクリーム】
➔【口コミ】メラノCC ジェルクリームを使ってメリットとデメリットをレビュー

【無印良品 エイジングケア薬用美白クリーム】
➔無印エイジングケア美白クリームを60日使ってレビュー!

【無印良品 エイジングケア薬用美白化粧水】
➔】無印エイジングケア美白化粧水の効果解説と口コミ:60日間使った結果

【無印良品 敏感肌用美白クリーム】
白くなる?美白マニアが無印の敏感肌用美白クリームを60日使って効果をチェック

【ケシミンクリーム】のレビュー↓
➔ケシミンクリームでシミは消える?90日使用レビューと成分解説!

【ちふれ美白化粧水 青・赤】
➔青と赤の違いは?ちふれ美白化粧水の効果や成分を解説!VCとWの口コミあり

④ビタミンCエチル

水溶性のビタミンC誘導体。美白化粧品に配合される際は【3-O-エチルアスコルビン酸】と表記されます。ビタミンC誘導体の中でもっともピュアビタミンCに近い作用が期待できるのがこのビタミンCエチル

ビタミンC誘導体はピュアビタミンCを加工しているため、元々のピュアビタミンCに比べるとその美白効果はかなり低下してしまいます。このビタミンCエチルはその中でも効果の減少が少なくよりピュアビタミンCに近い美白効果が期待できるのが一番の特徴です。

他のビタミンC誘導体は、皮膚内で分解されビタミンCに変化することで効果を出すのに対し、ビタミンCエチルはそのままの状態で効果を発揮。
そのため他のビタミンC誘導体よりも即効性や持続性に優れています。

また紫外線を浴びて短時間で肌が黒くなり、また元の色に戻る「即時黒化」は通常のピュアビタミンCではふせげませんが、ビタミンCエチルには即時黒化をふせぐ力があります。

ビタミンCエチルは他のビタミンC誘導体に比べると肌刺激は強めですが、それでも十分低刺激なので普段スキンケアで刺激を感じないなら問題なく使えるでしょう。

●アスコルビルグルコシド配合のレビュー記事

【メラノCC 化粧水】
➔メラノCC化粧水を60日間使ってレビュー!

⑤VC-IP

美白有効成分に認可されたビタミンC誘導体の中でもっとも新しいのがVC-IP です。美白化粧品に配合される際は【テトラヘキシルデカン酸アスコルビル】と表記されます。

①~④のビタミンC誘導体はどれも水溶性でしたがこのVC-IPは唯一の脂溶性。脂溶性のメリットとして肌の保湿効果や浸透性の高さが挙げられます。肌が乾燥気味の方や敏感肌の方に特におすすめ。

脂溶性なので、水溶性ビタミンCだと配合が難しいクリームなどの油分の多いアイテムにも配合可能。

水溶性のビタミンC誘導体で効果を感じられなかったなら試してみる価値ありですね。ビタミンCエチルなどの水溶性ビタミンC誘導体と併用するのも効果的です。

結局どれがおすすめなの?

美白有効成分として認可された5種類のビタミンC誘導体を紹介しましたが

「結局どれがおすすめなの?」という声が聞こえた気がしたので当サイトのおすすめを挙げたいと思います。一番おすすめなのは【ビタミンCエチル】配合の化粧品。

ポイントは

  • ビタミンCに最も近い効果が期待できる
  • ビタミンCよりも刺激が少ない

の2点。

ただ水溶性のためこれ単体だと浸透率が低かったり、肌が乾燥しやすいなどのデメリットもあります。そこで【VC-IP配合化粧品をいっしょに使う】 という方法もおすすめ。

【メラニン還元】の効果を狙うなら水溶性と脂溶性をあわせて使う。この組み合わせがベストだと思います。

化粧品はどれを選べばいいの?

ビタミンC誘導体はビタミンCエチルVC-IPがおすすめですが、そう言われてもどれを選べば良いか迷いますよね。そこで当サイトが厳選したアイテムをご紹介いたします。

【ビタミンCエチル】配合化粧品

まずはビタミンCエチル(3-O-エチルアスコルビン酸)配合のおすすめ化粧品から紹介致します。

フレイスラボ ホワイトVCセラム

フレイスラボ ホワイトVCセラム 外観

出典:Amazon

【フレイスラボ ホワイトVC セラム】

(公式)割引あり・送料無料


ビタミンCエチルと15種類の天然美肌成分を配合したリッチな美容液です。エタノールや香料など肌への刺激になりやすい成分が無添加なのも高評価。
ビタミンCエチル配合の美容液ならホワイトVCセラムがおすすめです。

メラノCC 薬用しみ対策 美白化粧水

メラノCC美白化粧水 外観

出典:Amazon

メラノCC 薬用しみ対策 美白化粧水


大人気のプチプラ美白化粧水。【ビタミンCエチル】のほかに抗炎症成分である【グリチルリチン酸2k】も配合しています。ただし肌への刺激になりやすい成分も配合されているので敏感肌の方は要注意。

●【メラノCC 化粧水】のレビュー↓
【口コミ】メラノCC化粧水を60日間使ってレビュー!ニキビや肌荒れにもおすすめ【さっぱり・しっとり比較】

【VC-IP】配合化粧品

つづいてVC-IP(テトラヘキシルデカン酸アスコルビル)配合のおすすめ化粧品をご紹介。

ETVOS アクネVCクリームジェル

etvosアクネVCクリームジェル 外観

出典:Amazon

ETVOS アクネVCクリームジェル


美白有効成分として【VC-IP】、抗炎症成分として【グリチルリチン酸2k】を配合したクリームジェルです。肌のバリア機能を高める【セラミド】も配合されているので敏感肌の方にもおすすめ。

【ビタミンC誘導体】解説 まとめ

美白有効成分のビタミンC誘導体は全部で5種類あり、その中でもおすすめは【ビタミンCエチル】と【VC-IP】でしたね。

シミだけでなくシワや毛穴にも効果の期待できる美肌成分なので、まだ試した事がないならぜひ一度使ってみてください。では最後のまとめです!

  • ビタミンC誘導体は「ビタミンCを安定化して、吸収しやすくしたもの」
  • 厚労省に認可されているのは5種類!効果は「メラニンの還元作用」
  • おすすめは【ビタミンCエチル】と【VC-IP

ビタミンC誘導体でシミをばっちり防いでいきましょう♪

Xで美容情報を毎日発信中>>twitter.com/A_A_mirai

【メラノCC プレミアム美容液】のレビュー↓
➔【口コミ】メラノCCプレミアム 3ヵ月使ってメリットとデメリットをレビュー【男性にもおすすめ】【シミ・ニキビ・毛穴ケア】

★おすすめの記事

美白マニアが肌タイプごとに美白化粧品をチョイス!

肌タイプ別美白化粧品12選 アイキャッチ
肌タイプ別美白化粧品12選!【乾燥肌・脂性肌・ニキビ肌・敏感肌】効果のある美白化粧品はどれ?美白マニアが解説乾燥肌、脂性肌、敏感肌と肌タイプは人それぞれ違います。スキンケアアイテムは肌タイプにあったものを選ぶことが大切。今回は美白化粧品マニアが肌タイプ別に最適な美白化粧品をご紹介いたします。美白化粧品の特徴などもわかりやすく解説しております。...
ニキビ肌におすすめ!美白化粧品30選:化粧水からクリームまで一挙紹介ニキビができやすく化粧品選びに悩んでる方は多いと思います。この記事ではニキビ肌でも使えるシミに効果的な美白化粧品を厳選して紹介。ニキビ・肌荒れ・シミにお悩みの方必見です。...
脂性肌におすすめの美白化粧品30選 アイキャッチ画像
脂性肌におすすめの美白化粧品30選!化粧水からオールインワンまでプロが解説脂性肌だとスキンケアイテム選びで苦労しますよね。この記事ではオイリー肌でシミが気になる方におすすめの美白化粧品を厳選して紹介。美白効果はもちろん使用感にも着目して選びました。ぜひ御覧ください。...

2024年4月14日更新